霊感タロット鑑定士が
あなたの悩みに応じて
オーダーメイドで作成します


奥さんより愛されたい《不倫略奪4つステップ》その3

ステップ3
彼の心を独り占め、自分だけを愛してもらいたいテクニックについてお話しています。

ステップ1をお読みでない方はこちらから

今回はステップ1.2に引き続き、3をお送りしています。

話を聞いてくれて、ずっと気分を良くしてくれる女性。

悩みに共感し、癒してもらえる女性。

そして、ステップ3は、自分を高めてくれる女性についてです。

自信をつけてくれる女性

悩みを打ち明け、慰めてもらった後は、どうしても気分が下向きになってしまいます。

少しかっこ悪いところを見せちゃたかな、という不安も抱えていますし、何より男としてのプライドを壊している後悔の念が浮かんでいることでしょう。

そこでステップ3です。

いかに相手に自信を持たせるかがポイントとなってきます。

上げマンと呼ばれる女性のほとんどは、このステップ3をよく心得ていますし、昭和の古い女性達もまた、頑固な亭主関白夫をこの方法で操縦してきました。

とにかく、相手の良いところを見つけることです。

そして、うんと褒めてあげましょう。

ただ、急に褒めまくっても胡散臭くなるだけです。

会話の流れから、自然に褒めるのです。

質問をし、相手の返事から会話を掘り下げます。

そして、褒めれる箇所が出てきたら、チャンスです。

「そんな風に思えるなんて、○○さんって素敵ですね」
「その考え方ってちょっと羨ましいかも。○○さんならではの発想ですよね」
「そうはっきりと言える勇気は、普通できませんよ。さすが○○さん」
「よくそれだけ大胆に行けましたね!やっぱり凄いと思います」
 など【さしすせそ】の法則
 
を参考に、とにかく自信をつけて上げましょう。

【さすが】
【知らなかった!】
【凄い】
【センス良い】
【尊敬します】

ここで、もっとも相手がぐっとくる褒め方をご紹介

会話をしながら褒めるのは、いたって普通です。

褒められている人にとっては、日常と変わらないので、あまり心に刺さらないことも。

そこで、独り言で褒めてみるテクニックをご紹介。

彼に対して、さすがですね!と言うのではなく、独り言で流石だなと呟くのです。

「わぁ・・・○○さんやっぱすごいわ・・・」
「信じらんない、めっちゃセンスいいんだけど・・・」
「やば、天才じゃん」

のように、相手に話しかけるのではなく、独り言で褒めるのです。

しずく
普段、彼と話す口調ではなく、ちょっと心の声が出てしまっているような、ナチュラルさを心掛けてください。

お世辞の場合は、相手に聞こえるよう、わざとらしく大きな声となってしまいます。

しかし、ぼそっと呟く褒め言葉は、それと真逆です。

相手にも聞こえるか聞こえないかなので、お世辞とは受け取られません。

心から褒められているのだと感じると、嬉しさも倍増です。

そうやって、どんどん彼の良いところを見つけては、こまめに褒めてゆきましょう。

そのためにも、ステップ1に引き続き、相手の話を多く引き出すのがコツです。

彼が自信を取り戻し、気持ちがよくなってきたころに、ステップ4の発動です。

ステップ4へ続く


・彼がどう思っているのか知りたい
・愛されているのか不安
・こんな恋は自分らしくない!
・好きすぎて苦しくなる
・彼が急に冷たくなったけど、どうしよう
・もっともっと愛されたい

その悩みの答えは占いだけが教えてくれます
(初回10分無料の鑑定士をご利用いただけます)



ABOUTこの記事をかいた人

SHIZUKU

ネット恋・不倫・W不倫・略奪愛に悩む大人の女性を応援しています。
『大人の恋コンシェルジュ』不倫恋愛専門のアラサー女子WEBライターしずく サイト管理人です。